2018年6月21日 (木)

気の緩み 基本なこと

昨日 我が町内で駐車中の無人のトラックが後退し、男性(60)がひかれた。男性は死亡した。https://www.gifu-np.co.jp/news/20180621/20180621-51175.html

 

下り坂でエンジンをかけた状態で灯油の配達中の事故 

サイドブレーキ  エンジン停止  車止め  

 

自己防衛

2018年6月16日 (土)

田舎の朝

今年は今のところカラ梅雨  手入れしているアジサイも水を欲しがっている。

今日も良い天気

Dsc_0618

川があり  山があり  花がある  

  まだ、朝日は出てないのに 奥の方で炭焼きの煙が立ちはじめた。

今日は火入れ?か

Dsc_2631_2

Dsc_2633

やっと 半分、日が財した。 ワシの陰も射してきた

 

 




2018年6月 5日 (火)

野田総理大臣

  麻生副総理に批判集中

この間、総務大臣 野田聖子の祝賀会に行ってきました。

Dsc_2613_2

この間、総務大臣 野田聖子の祝賀会に行ってきました。

今、女性で一番 総理大臣に近いお方

 

古田知事が 総大臣 → 総大臣  1字違うだけ  と

 

2018年6月 4日 (月)

 野菜収穫

Dsc_2600_3

 6月2日早く起きて 野菜の収穫

 

今のところ 猿 被害なし  (^_^;)

 

キャベツの横は  ヘビのおもちゃ

   目立つところに置いてあります。 サルはヘビが苦手なんだと。

 

2018年5月31日 (木)

5月30日 の ゴミゼロ

ゴミゼロの日にちなんで、岐阜金華山」国有林のドライブウェー沿いのゴミ拾いイベントに参加しました。

 国有林地内であるので、森林管理署の職員さんや協力会、市役所の職員、金華山ボランティアの方々

 去年と違うルートでワシは拾いましたが、新いごみ 空き缶 ペットボトル 等は殆ど無かった。

 錆びたスチール缶や 何年も前と思われる事故で散った自動車のプラスチックが主でした。


Dsc_2594

  藤村署長の挨拶で終了しました。

Dsc_2598

2018年5月29日 (火)

あと数日

Dsc_2596

今年の一番ツバメ

カラス除けの鳥獣丸のお蔭か

5羽がすくすく成長  巣に入りきれてない。

もうすぐ飛ぶ練習が始まれば、餌食にならずに済む

あと少し。

2018年5月20日 (日)

鳥獣害対策

御無沙汰 でした。  ここのところ個人的なことで、UPする気はあったのですが、中々できずにすいませんでした。

 又、後日その理由についてUPするのでご勘弁を・・・。

 

で、畑と事務所に鳥獣対策で 鳥獣丸  ちょうじゅうまる  と言います。

http://mino-seiwa.jp/choju/ 

Dsc_2576


Dsc_2578crop

それぞれの動物の嫌がる 波動 が出るそうな?

ワシの畑は 猿 用    事務所はカラス用    

 

隣の畑はシカ防護の柵げ作ってあって もう少しで収穫のジャガイモ が少し掘られたとの事。 まだ芋が小さかったので、あきらめて掻き散らしただけ。

ワシの畑は、懲りもせずに又キャベツとダイコンを栽培中

冬場でなく今の時期なら猿の喰い物もあって来ないだろう・・・と思って作付た。

今はダイコンの収穫中 キャベツは収穫間近。今度こそは猿に負けないとニューバージョンの猿除けの鳥獣丸 

Dsc_2578  

 事務所はツバメの卵を毎年カラスにやられ この時期の夕方のカラスの群れはすごい数 100200羽はネグラとして裏山に来る。

 効果はこれから  何せ 波動はワシには見えもせず  感じもせず。


 

2018年3月27日 (火)

   昼間の車はウインドーを開けて走ると、気持ちよい いい加減の風が入り込んで来る。
Dsc_2489
      土筆 も満開
Dsc_2490   梅も満開

2018年2月16日 (金)

民国連携 2

去年の5月からこの可能性について打合せを進めてきました。

この連携によって、道が無かった森林整備センターの分収林への作業道開設が出来る様になります。

国有林と森林整備センターとの境まで、あと60m程で道が繋がります。

Dsc_23852

現場には整備センター所長も登り踏査しました。

Dsc_

検討 協議 検討 協議 してきました。   

Dsc_2416

6月にUP して、昨日 岐阜森林管理署長殿 森林整備センター岐阜署長殿 揖斐川・池田町長殿他 ワシ等の山口組長 以下8団体の協定となりました。

 

Dsc_2429

現場の在庫をつくるぞ!Dsc_24312

民国連携 2

«サルの本気度